New Entries
Category
Profile
Links
mobile
qrcode
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
Search

仮面うつ病と診断されて
0
    私が体調に異常を来したのは一昨年前の12月半ば頃でした。始めは下腹が張って食欲が無くなってきました。私は、母親を卵巣癌で亡くしているので怖くなって真っ先に婦人科を受診しました。婦人科では子宮癌検診、超音波検査等行いましたが特に異常は無く、婦人科の医師には内科系の病気だと思うから内科を受診してみて下さいと言われました。

    その日の内に家の近くの内科を受診しました。内科の先生には下腹が張ってご飯があまり食べられないことを伝えました。又、婦人科で受診したが特に異常が無かった事も伝えました。そして、最初に処方された薬は桂枝加芍湯顆粒という漢方薬でした。

    それから5日後、余計お腹が痛くなって今度は胃と喉が焼けるような痛みが伴ってきました。殆ど食べ物を喉にすることが出来ませんでした。そして再び同病院を訪れてその事を医師に告げました。その病院の医師に逆流性食道炎だろうと診断されました。そして、胃酸の分泌を抑える薬、プロテカジンOD錠とお腹の痛みを抑える薬ゼスン錠を処方されました。

    そして、レントゲン検査、CT検査、血液検査、尿検査、大腸癌検査を行い、内視鏡検査と腹部エコー検査を受けるため予約をする事になりました。その間、何とか処方された薬で対応するしかありませんでした。殆ど食事が摂れずみるみる体重が減少していきました。1ヶ月で約6kg体重が減りました。私はもしかしたら癌とかそういう恐ろしい病気かも知れないと思い始め、ネットでも色々検索して調べました。

    それから、約3週間後内視鏡検査と腹部エコー検査を行いました。しかし、どこにも異常は見られませんでした。ついでにピロリ菌検査も行いましたが陰性でした。

    その病院の内科の先生は、食事が摂れないほど酷いはずがないんだけどなぁと言いながら、今度は今まで処方された薬に加えて胃の粘膜を保護する薬ソロン錠を処方しました。

    とりあえず薬を飲んでいる間は少しは食べれるようになりましたが、やはり胃と喉の焼けるような痛みは続いていました。そして、夜中に何度も目を覚まし殆ど眠れない日もありました。

    約1ヶ月おきに薬をもらいに内科に通院しました。その都度別の薬に変えて貰いそれでも改善することはありませんでした。結局、それから半年経って体重は約9kg減少しました。

    そんな時、休みを利用して実家に帰る事になりました。実家は少し離れたところにあるので連休でなければ中々帰ることが出来なかったので、半年ぶりに二人の妹達に会いました。私は母子家庭で育ち母を病気で亡くしているので実家には妹が二人で住んでいます。妹達は私を見るなりその痩せ方にビックリしていました。

    そして、私はずっと胃腸の具合が悪くご飯がまともに食べれなく内科に通院していることを話しました。そこで下の妹が言いました。「半年も病院に通って治らないなんて絶対おかしい!内科で治らないなら精神的な物じゃないの?」って。

    そこで、私は初めて心療内科を受診することにしました。そして、ようやく「仮面うつ病」と診断されたのです。そこで処方された薬は、抗鬱剤のドグマチール、レメロン、精神安定剤のレスタスでした。それから3日位して不思議と胃の焼けるような痛みが消えご飯が普通に食べれるようになったのでした。

    posted by: Riko | 仮面うつ病 | 16:01 | - | - | - | - |